So-net無料ブログ作成
検索選択

「Adriana Lecouvreur」 [■MUSIC<Classic>]

 
 



3407482427_49d5c75291_m.jpg
Sixteen Years / jeff_golden




             私は…
             単なる道具にすぎませんの…。

             詩の調べ、人間の葛藤のこだまや
             書き手の操るままになる、弱々しい道具にすぎません。
             優雅にも柔和にも快活にも残忍にも
             私は忠実なる者。

             私の声ははかない吐息…そして風のそよぎ
             暁には消えていきましょう。




*************





243756288_9c745f4dba_m.jpg

         さぁ…今日は
         歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』から
         「lo son l'umile ancella 」を
         ご紹介するわね!?

Château de Vaux le Vicomte - 01-09-2006 - 16h05 / Panoramas

m_mm_6961200730_79171433e6_m.jpg
   この「lo son l'umile ancella 」は
   『アドリアーナ・ルクヴルール』の第一幕で
   女優のアドリアーナによって歌われる
   超素敵で…
   超ドラマティックで
   超有名なアリアなの~





      声楽を勉強する者には
      これも憧れのアリアのひとつで…
      あたしは大学2年生ぐらいでやったかしら!?7203607022_67584b0043_m.jpg


      とくに最後のpianissimoで出す
      「che al novo dì morrà」のところが大好きで…
      大得意っ

      歌っていても
      ぞくぞくってなるの~~っ

Libro de los Hechos de los Apstoles 2,1-11. Obra Padre Cotallo HDR2 / Cotallo-nonocot






              ただ…なんとなく…
              なんとなく…
              発表会では歌いたくなかったの…

              何故って…
              プログラムに活字になるでしょう!?


              その時に…
              なんとなく…

              嫌だったの……。


14732934536_7c9bb1460b_m.jpg  

   そのタイトルが…
   昔はこう言っていたの


  「私は卑しい下僕です」って!!!



Image from page 322 of "Harper's young people" (1879) / Internet Archive Book Images



    サイトでも「おかしい」って
    言ってらっしゃる方もいらして…
    「私は卑しい芸術家の下僕です」
    「私は卑しい神の僕です」
    「私は創造の神の卑しい下僕」
    「私は創造主の卑しい召使です」
    「私は芸術のつましいしもべ」
    「私は創造の神に仕える卑しいしもべ」

    『なんちゅー訳やねん。』っておっしゃる~~っ(きゃはは~)




51EEaZsrCPL._SL160_.jpg
        調べてみるとタイトルの
        「lo son l'umile ancella 」の
        umileが『卑しい』って訳されて
        ancella
        『奉仕者 奴隷 家来 小間使 従者 雇い人 雇人』
        って意味らしいの~
  




              なんだけど…
              そこは台詞の前後で分かってくるわ~



518WI3avLGL._SL160_.jpg     舞台の支度をする第1場、第2場に続いて
     第3場で 女優のアドリアーナが登場するんだけど…

     皇太子やら僧院長が
     「素晴らしい!」「偉大だ!」「ミューズよ!」
     「ディーヴァよ!」「シレーナっ!!」
     って讃えるのっ





13614717424_f290026982_m.jpg
           そこでアドリアーナが
           「それほどでもなくってよ…
           私なんて芸術家のしもべなの~」って
           このAriaを歌うの~~っ!!



           うふふふ~~
           そうだったのね!?
Simplicity / David Holmes2








    ここで背景を見てみよう(Wikipediaより)
    『アドリアーナ・ルクヴルール』(Adriana Lecouvreur )は、フランチェスコ・
    チレアの作曲した全4幕のオペラである。18世紀前半にパリで活躍した実在の女優
    アドリエンヌ・ルクヴルールの生涯を描いたこの作品は1902年にミラノで初演さ
    れ大成功を収めた。今日でも「新イタリア楽派」オペラの佳作のひとつとしてチレ
    アのオペラ作品中もっとも頻繁に上演される作品となっている。
    原語曲名: Adriana Lecouvreur
    原作: ウジェーヌ・スクリーブとガブリエル・ルグーヴェによる戯曲『アドリエ
    ンヌ・ルクヴルール』Adrienne Lecouvreur (1849年)
    台本: アルトゥーロ・コラウッティ
    演奏時間: 約2時間20分
    初演: 1902年11月6日、ミラノ・リリコ劇場にて、クレオフォンテ・カンパニー
    ニの指揮による


51PKJBG72JL._SL160_.jpg  主な登場人物
  アドリアーナ・ルクヴルール(ソプラノ): 実在のコメディ・
  フランセーズ女優アドリエンヌ・ルクヴルール。
  マウリツィオ(テノール): ザクセン伯モーリッツのこと。ア
  ドリアーナとは恋仲だが、彼女には身分を隠し、サクソニア(ザ
  クセン)伯爵軍に従軍している士官と名乗っている。
  ブイヨン公爵(バス): 芝居愛好家の貴族。アドリアーナのラ
  イヴァルである大女優、デュクロを愛人にしている。
              ブイヨン公妃(メゾソプラノ): マウリツィオに恋心を抱いて
              いる。
              ミショネ(バリトン): コメディ・フランセーズの初老の舞台
              監督。アドリアーナに密かな恋心を抱いている。
              合唱






  あらすじ
  18世紀ルイ14世時代のパリ社交界を舞台に、コメディ・フランセーズの実在のスター女優
  アドリエンヌ・ルクヴルールをヒロインにした、豪華絢爛名オペラ。
  美男な伯爵をめぐる、二人の女性の熾烈な恋の鞘当が、壮絶なまでに描かれる。芸術のパトロ
  ンを自認する公爵夫妻、夫の方は女優を愛人にしており、妻の方は若い伯爵(マウリツィオ)
  と不倫中、その若い伯爵(マウリツィオ)は別の女優(アドリエンヌ・ルクヴルール)と恋仲
  という随分と複雑な人間関係で幕が開く。

  ダンス最後は病気療養中のアドリアーナのもとに、かって彼女が恋人のマウリツィオに贈った
  菫の花束が届く。それは実は、マウリツィオから花を譲り受けたブイヨン公爵夫人が、恋敵の
  屈辱をはらすために、毒を仕込んで、マウリツィオからと偽って届けさせたものだった。
  小箱の贈り物を開けたアドリアーナは、悪寒に襲われ倒れそうになる。呼び戻されたマウリツ
  ィオの結婚しようというひたむきな態度にアドリアーナは心を揺さぶられる。その後痙攣し錯
  乱状態になって、ブイヨン公爵夫人が嫉妬と復習のために仕込んだ毒に冒されてアドリアーナ
  は朦朧とした意識の中で息絶える。




       歌詞もご覧になってね♪

       「私は神の下僕」 Io son l’umile ancella

       lo son l'umile ancella
       del Genio creator:
       lei m'offre la favella,
       io la diffondo ai cor ...
       Del verso io son l'accento,
       l'eco del dramma uman,
       il fragile strumento
       vassallo della man ...
       Mite, gioconda, atroce,
       mi chiamo Fedeltà:
       un soffio è la mia voce,
       che al novo dì morrà ...



                   (とても謙虚に)
                   過分な 紳士様方...過分のお言葉!
                   ほら 少し息をついただけですわ....
                   (あっさりと)
                   私はつつましいしもべです
                   天の創造主の
                   私に言葉の力を授けて下さいました
                   私はそれを皆の心に伝えます...
                   私は詩の抑揚でしかなく
                   人間ドラマのこだまでしかなく
                   壊れやすい楽器でしかありませんわ
                   人の手で奏でる...
                   穏やかで 陽気で 残酷な
                   私は「忠実」と呼ばれます
                   私の声は ただの吐息です
                   その日のうちに死んでしまう...



3729609389_de95296375_m.jpg
flowers, ultraviolet / brx0







■ ■ ■






Io son l'umile ancella - Anna Netrebko (subs: EN, HR)





Maria Callas Adriana Lecouvreur: Io Son L'Umile Ancella







  ⇓こちらがMagda Olivero
  「珍しく若いうちからアドリアーナ役を得意としたソプラノ、マグダ・オリヴェーロ(1910年 - )の名が挙げられる。
  彼女は1932年からアドリアーナを歌い始め、70歳を過ぎるまでこの役を演じて好評だった。作曲者チレア自身もオリヴ
  ェーロを「理想のアドリアーナ」と評している。1959年のナポリ・サン・カルロ劇場でのマリオ・ロッシ指揮のライブ
  録音は今日でも決定版との声もある。(Wikipediaより)」

Magda Olivero "Io son l`umile ancella" Adriana Lecouvreur 1963








nice!(38) 
共通テーマ:音楽

nice! 38