So-net無料ブログ作成
検索選択

桜の樹の。 [■本&映画]

 
 


13628090333_34113b67b4_m.jpg
05 de Abril do 2014 / @manuelfreiria




              毎年この時期になると狂いたくなるの~~
              桜の樹の下で泣きながらお酒を飲むのよ…。


              そして…思うの~
              狂いたいって

              いっそ
              狂ってしまいたい…って。




**************




m_8583242354_31544f9b85_m.jpg
      
              さぁ
              今日は有名なお話よっ
              桜の樹の下のお話…。

              
Cherry Blossoms / Werwin15




                ふぅ……

                いっそ…。










456521048_f8ecb2d734_m.jpg

  「桜の樹の下」…

   そこには屍体が
   埋まっているの…。


sakura 5528 someiyoshino 桜薄暗染井吉野 / **jpg


2312705616_5e8000be10_m.jpg
              これはどうやら
              …
              梶井基次郎の短編小説
              『櫻の樹の下には』から
              きているらしいわ
     
Japanese dolls / enmoto




   (Wikipediaより)
   『櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は梶井基次郎の短編小説。散文詩と見
   なされることもある。1928年(昭和3年)季刊誌『詩と詩論 第二冊』12月号に掲載。
   1931年(昭和6年)5月に武蔵野書院より刊行された作品集『檸檬』に収録された。
   現行版は新潮文庫『檸檬』ちくま文庫『梶井基次郎全集全一巻』などに収録され重版
   されている。
   本作は「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という冒頭文に始まり話者の「俺」
   が聞き手の「お前」に語りかけるという手法で描かれている。美に醜を対置し美のう
   ちに「惨劇」を見出すデカダンスの美意識とその心理を梶井作品には珍しくかなり強
   いイメージの比喩をたっぷり使い、語り口調を交えた短い四つの断章(刊行本収録時
   には最終章は削除)で構成された作品である。




6904893938_0997050cd5_m.jpg
        梶井基次郎は
        「弘川寺の西行桜」
        (桜の下で死にたいって願っていた西行)…
        をもとに     
        『桜の樹の下には』を書いたんですって。

DSCF8538 / mossygajud
        引用してみるね!?





     『桜の樹の下には』 梶井基次郎

      桜の樹の下には屍体が埋まっている!
      これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲
     くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、
     この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。 桜の樹の下
     には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

      どうして俺が毎晩家へ帰って来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、
     選りに選ってちっぽけな薄っぺらいもの、安全剃刀の刃なんぞが、千里眼
     のように思い浮かんで来るのか――おまえはそれがわからないと言ったが
     ――そして俺にもやはりそれがわからないのだが――それもこれもやっぱり
     同じようなことにちがいない。(中略)


      しかし、俺はいまやっとわかった。
      おまえ、この爛漫と咲き乱れている桜の樹の下へ、一つ一つ屍体が埋ま
     っていると想像してみるがいい。何が俺をそんなに不安にしていたかがおま
     えには納得がいくだろう。
      馬のような屍体、犬猫のような屍体、そして人間のような屍体、屍体はみ
     な腐爛して蛆が湧き、堪らなく臭い。それでいて水晶のような液をたらたらと
     たらしている。桜の根は貪婪な蛸のように、それを抱きかかえ、いそぎんちゃ
     くの食糸のような毛根を聚めて、その液体を吸っている。
      何があんな花弁を作り、何があんな蕊を作っているのか、俺は毛根の
     吸いあげる水晶のような液が、静かな行列を作って、維管束のなかを夢の
     ようにあがってゆくのが見えるようだ。 (後略)
      


6924500346_37e6065830_m.jpg



             どぉお~~!?
             素敵じゃない!?


Sakura [IMG_7200ks] / taka_suzuki

            



       ある人はね……
       この「桜の樹の下に屍体が埋まっている」ってことに
       こんな風におっしゃるの~~っ

       「京都の先の戦(応仁の乱)のときたくさんの戦死者がでた。
       その死体を当時の市街地からそう遠くない山中(今の市街地外周)
       弔うために死体を埋め供養した。
       桜は日本人の魂であり、散るときの華やかさ、潔さが
       侍魂の象徴であったことから、
       死体を埋めた目印として桜を植えたと言われている」




7060261529_877bd61d16_m.jpg
    また
    「死体を埋めることで、
    桜の木が強くなると
    信じられて行われてた
    江戸時代の風習なんだそうだ。」
    とも…。
Cherry blossom / Imahinasyon Photography




    それからある人も言うわ~
    「美しいものは美しいと皆に讃えられる。
    反面、美しいものは常にそうでないものからの嫉妬を受ける。
    これは人情というものだ、仕方がない。
    『桜の木の下に死体が埋まっている』なんて都市伝説
    は意外とその辺から来てるんじゃないかと思う。450157812_5f21b51769_m.jpg
    だが、少なくとも自分からすれば、美しいものはそう
    いった感情を内包しての美しさがあると思うので、は
    っきり言って逆効果であると言える。
    人々の嫉妬を受け、美しいものがひどい扱いを受けれ
    ば受けるほど、美しいものの持つ凛としたものが際立
    つように感じる。」
Sakura (Cherry Blossom) / Hyougushi









              よく
              散り際が美しいって言うでしょ!?
              あたしも…きっと
              潔く散ることが出来ると思うの~~っ


              えぇっ!?
              「もぉ散ってるんじゃないか!?」って!?


              ふふぅ…

              かもね…

              

95679827_9f0b57271b_m.jpg
Doll face / Stewart





■ ■ ■













nice!(45) 
共通テーマ:音楽

nice! 45